【Scikit-learn】Pythonにインストールする方法

Pythonに機械学習ライブラリ「Scikit-learn」をインストールする方法について解説します。

【はじめに】Scikit-learnとは

scikit-learnは、Pythonの機械学習ライブラリです。
このライブラリを使えば、サポートベクターマシン、ランダムフォレスト、Gradient Boosting、k近傍法、DBSCANなどを含む様々な分類、回帰、クラスタリングアルゴリズムを扱うことができます。

【Windows環境】scikit-learnのインストール

● コマンドプロンプトを起動し、以下のコマンドを入力して実行します。(pip)

pip install scikit-learn

依存ライブラリ(pandas, numpy, scipyが入っていない場合はそれも同時にインストールされます)
これでScikit-learnのインストールは完了です。

【Linux環境】scikit-learnのインストール

Ubuntuの場合、以下のコマンドを入力するだけでScikit-learnと、それに必要なライブラリをまとめてインストールできます。

$ sudo apt-get install python-sklearn

動作確認や使い方については、以下の記事で解説しています。

【Scikit-learn】機械学習入門・使い方・読み方
この記事では、Pythonモジュール「Scikit-learn」で機械学習を行う方法について入門者向けに使い方を解説します。
Python 機械学習
西住工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました