【Scikit-learn】アイリスデータセットの読み込み・可視化

スポンサーリンク

この記事では、Pythonと機械学習ライブラリ「scikit-learn」でアイリスデータを描画する方法について紹介します。

スポンサーリンク

アイリスデータセットとは

Iris(アイリス)は統計分野で有名なデータセットです。
データセットの内容は、あやめという花の三品種 (Setosa, Versicolor, Virginica) の特徴量です。
含まれる特徴量は、Sepal (がく片) と Petal (花びら) の長さと幅となっています。
scikit-learnには、標準でこのデータセットが組み込まれています。
今回はscikit-learnの動作確認として、このデータセットをMatplotlibで表示してみます。

ソースコード

サンプルプログラムを下記に示します。

実行結果

グラフに表示した結果です。

Scikit-learnの導入方法や、その他の使い方については下記事で解説しています。
Scikit-learnをインストールする方法
Scikit-learn入門・使い方
機械学習のアルゴリズム入門

スポンサーリンク

シェア&フォローお願いします!