DSUとは(機能・設定・使い方)

この記事では、ISDN通信機器の「DSU」の機能について解説します。

DSUとは

DSU(Digital Service Unit)とは、ISDN回線で加入者側に置かれる回線終端装置です。
「デジタル回線終端装置」という意味で、通信機器を回線網に接続できるようにします。

DSUの接続設定

【本来の接続構成】
ISDN回線-[DSU]-[TA]-(TAのアナログポート)--[アナログ電話機]、[FAX]など
              |
              └(TAのLANポート)--[パソコン]

本来は、上記のように、壁から出たISDN網の電話回線からDSUに→TA(ターミナルアダプタ)→電話機、FAX、パソコンと接続していくのが基本でした。
(ISDN通信対応の電話機、FAX、パソコンならばTAは不要)
しかし、ISDN通信対応の通信機器が普及しなかったため、DSUとTAが一体化した製品(DSU内蔵型TA)が主流となっており、接続構成は以下のようになっている所がほとんどです。

【主流の接続構成】
ISDN回線-[DSU内蔵型TA]-(TAのアナログポート)--[アナログ電話機]、[FAX]など
              |
              └(TAのLANポート)--[パソコン]

【おすすめ記事】
【ネットワーク】通信機器の種類・機能まとめ

シェア&フォローお願いします!