【Javascript】コメント文の使い方(メモ・エラーの原因特定)

この記事では、Javascriptのコメント文の使い方について紹介します。

コメント文

コメント文とは、プログラムを説明するためのメモです。
コメント文を活用することで、自分や他人がプログラムを編集しやすくなります。
また、エラー箇所を探す場合にも使うことができます。

書式

コメント文の書き方は2種類あります。

【書式①】
// この1行にコメントを記述できます

【書式②】
/*
間にある行全てにコメントを記述できます
*/

コメントを記述した箇所はプログラムとして実行されないため、メモ代わりに好きなことを書いたり出来ます。

使用例①

処理を説明するメモに利用した例です。

// にゃんぱすーと表示
alert(“にゃんぱすー”);

使用例②

エラーの原因を特定するために使用した例です。

例えば以下のようなプログラムがあるとします。

alert(“なっつん”);
alert(“ほたるん”);
alert(“こまちゃん);
alert(“にゃんぱすー”);

3行目で「”」が抜けているためエラーとなります。

このとき

alert(“なっつん”);
alert(“ほたるん”);
// alert(“こまちゃん);
alert(“にゃんぱすー”);

とすると、エラーがある「alert(“こまちゃん);」が実行されないため、プログラムは正常に作動します。
これにより、コメントアウト(コメント化すること)した箇所にバグ(エラーの原因)があったんだなとわかります。

【関連記事】
Javascript入門 基本文法

シェア&フォローお願いします!