【Processing】明るさ最小値フィルタでエッジ除去

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、Processing言語を用いて、明るさの最小値フィルタ(DILATE)で、画像のエッジ(輪郭)を抽出する方法をソースコード付きで解説します。

明るさの最大値フィルタ

明るさの最大値フィルタとは、画像の暗い部分を拡大します。
すべての画素の周囲3×3の範囲の8つの画素のうち最も暗い画素の値に一致させます。
そのため周りが暗いところの明るい画素は消えます。(エッジのような部分がよく消えます)
Processingでは、「filter(DILATE)」を使うことで簡単に明るさの最小値フィルタ処理ができます。
今回はこれを用いて画像のエッジ(輪郭線)除去を行ってみました。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードです。

実行結果

サンプルプログラムの実行結果です。

【関連記事】
Processing版OpenCVの使い方
Processing入門 サンプル集

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)

シェア&フォローお願いします!