【Processing】画面(ウィンドウ)の表示

この記事では、Processing言語で画面(ウィンドウ)を表示する方法をソースコード付きで解説します。

画面(ウィンドウ)表示

Processingでは、size関数で画面(ウィンドウ)を作成できます。

書式 size(w, h)
w 画面横サイズ
h 画面縦サイズ

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは下記の通りです。

void setup() {
  // 画面サイズ
  size(400, 400);
}
 
void draw() {
}

実行結果

サンプルプログラムの実行結果です。

【関連記事】
Processing入門 サンプル集

関連記事