【Python】リストの平均値(sum/len関数)

この記事では、Python言語を用いて配列(リスト)の合計値を計算する方をソースコード付きで解説します。

len関数とsum関数で平均値の計算

Python言語には配列(リスト)の長さを計算するlen関数と、合計を計算するsum関数が用意されています。
今回はそれらを使って配列の平均値を求めてみました。

平均値=合計値÷配列の長さ(データの個数)

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは下記の通りです。

実行結果

サンプルプログラムの実行結果です。

3

【おすすめ関連記事】
Python入門 基本文法

シェア&フォローお願いします!