【python-control】ボード線図を描く

当記事では、Python用制御工学モジュール「python-control」でボード線図を描く方法ついて紹介します。

ボード線図とは

ボード線図とは、伝達関数の周波数特性を表した図(ゲイン線図と位相線図)です。
Python-controlの「control.bode(sys)」メソッドを用いると、Matlabのbode関数のようにシステムのボード線図を描画できます。

種別 内容
原理詳細 【制御理論】ボード線図
参考文献 ■python-controlドキュメント:bodeメソッドの使い方 ■Matlabドキュメント:bode関数の使い方

※python-controlはMatlab風ライブラリなので、Matlabの資料が役に立ちます

サンプルコード

サンプルプログラムのソースコードです。

from control.matlab import *
from matplotlib import pyplot as plt

# 伝達関数のパラメータ
num = [2, 5, 1]     # 分子の係数
den = [1, 2, 3]     # 分母の係数
sys = tf(num, den)  # 伝達関数モデルの作成
bode(sys)           # ボード線図のプロット

plt.show()

以下の伝達関数のボード線図を描きます。

(1)   \begin{eqnarray*} G(S)=\frac{2s^2+5s+1}{ s^2+2s+3} \end{eqnarray*}

実行結果

サンプルプログラムの実行結果です。

関連ページ

【Python】制御工学シミュレーション
この記事では、プログラミング言語「Python」を用いて、無料で簡単に制御工学シミュレーションを行う方法を紹介します。
【Python入門】使い方とサンプル集
Pythonとは、統計処理や機械学習、ディープラーニングといった数値計算分野を中心に幅広い用途で利用されている人気なプログラミング言語です。 主な特徴として「効率のよい、短くて読みやすいコードを書きやすい」、「ライブラリが豊富なのでサクッと...

コメント