【NumPy】配列の要素同士の余り

この記事では、Python言語とNumPyを用いて、配列の要素同士の余りを計算する方法をソースコード付きで解説します。

配列の要素の余り

Pythonの数値計算モジュールNumPyでは、配列の要素同士の割り算の余りを計算できます。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは下記の通りです。

# -*- coding: utf-8 -*-
import numpy as np

# 配列の宣言・初期化
A = np.array([[1, 2],[3, 4]])
B = np.array([[5, 6], [7, 8]])
C = B % A

# 画面出力
print(C)

"""
 [[0 0]
 [1 0]]
"""

【おすすめ関連記事】
Python入門 基本文法
NumPy入門 サンプルプログラム集

Pythonプログラミング
技術雑記

コメント

タイトルとURLをコピーしました