シェアする

【Python】標準入力(stdin.readline、readlines、readの違い)

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、Python言語を用いて標準入力を実装する方法をソースコード付きで解説します。

sys.stdin.readline

標準入力とは、データを受け取ることです。
Pythonでは「sys.stdin」でキーボードからの標準入力を使うことが出来ます。
(キーボードで入力された文字を受け取ることができます)

今回はそれを試してみました。

sys.stdin.readline

入力したデータ(1行)を受け取って表示します。

import sys

data = sys.stdin.readline()
print(data)

sys.stdin.readlines

入力したデータ(複数行)を受け取って表示します。
受け取ったデータは”リスト”に格納されます。

import sys

data = sys.stdin.readlines()
print(data)

sys.stdin.read

入力したデータ(複数行)を受け取って表示します。
受け取ったデータは”1つの文字列”に格納されます。

import sys

data = sys.stdin.read()
print(data)

【おすすめ関連記事】
Python入門 基本文法

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)