【Python】標準入力(stdin.readline、readlines、read)

この記事では、Python言語を用いて標準入力を実装する方法をソースコード付きで解説します。

【標準入力】1行の入力

標準入力とは、データを受け取ることです。
Pythonでは「sys.stdin」でキーボードからの標準入力を使うことが出来ます。
(キーボードで入力された文字を受け取ることができます)

入力したデータ(1行)を受け取って表示します。

# -*- coding: utf-8 -*-
import sys

data = sys.stdin.readline()
print(data)

【標準入力】複数行の入力 → リスト

入力したデータ(複数行)を受け取って表示します。
受け取ったデータは”リスト”に格納されます。

# -*- coding: utf-8 -*-
import sys

data = sys.stdin.readlines()

print(data)
詳細ページ
【Python】複数行の標準入力(sys.stdin.readlines)

【標準入力】複数行の入力 → 1つの文字列

入力したデータ(複数行)を受け取って表示します。
受け取ったデータは”1つの文字列”に格納されます。

# -*- coding: utf-8 -*-
import sys

data = sys.stdin.read()

print(data)

【標準入力】複数行の入力

Python3ではinput関数で1行の標準入力を受け取りことができます。
input関数を繰り返し呼び出すことで、その分の行数の標準入力を受け取れます。

ただし、複数行受け取る場合は、行数を指定してやる必要があります。
今回は、1行目で行数を与え、2行目以降にデータを入力してみました。

# 行数を取得
num_lines = int(input())
    
# 1行ずつ取り出し
for i in range(num_lines):
    line = input()
    print(i+1, "行目:" + line)

"""
【標準入力】
2
沖田
モードレッド

【標準出力】
1 行目:沖田
2 行目:モードレッド
"""
詳細ページ
【Python】複数行の標準入力(input関数)
関連記事
1 【Python入門】文字列の処理・使い方
2 Python入門 基本文法
関連記事