【Python】辞書型(連想配列)の使い方

スポンサーリンク

この記事では、Pythonの辞書型(連想配列)の使い方とソースコードについて紹介します。

スポンサーリンク

辞書型(連想配列)

Pythonの辞書型とは、リストやタプルのように複数の要素を順に並べたものです。
リストやタプルとの違いは、キーを指定して値を設定することです。
※リスト・タプルでは、要素の指定を「数字(要素番号)」で行います。
辞書型では、要素の指定を任意の文字列や数値で行います。

辞書型の配列は連想配列ともいいます。

宣言・定義

辞書型の宣言・定義例をいくつか紹介します。

キーに文字列を指定

辞書型では、キーに文字列を指定できます。
辞書型は中括弧 { } で要素を括ります。

【書式】
dict = {キー1 : 値1, キー2 : 値2, …}

【サンプルソース】

キーに数値を指定

辞書型では、キーに数値を指定できます。

【サンプルソース】

キーにタプルを指定

辞書型では、キーにタプルも指定できます。

【サンプルソース】

キーに指定できないモノ

キーに指定できないものは、値を書き換えできる変数や配列(リスト)です。
タプルは値を書き換えできないため、指定できます。

その他の操作方法

辞書型の基本的な操作方法を以下にまとめました。
辞書型:使い方, 値取得, 要素数取得, 連結, データ追加, 代入, 要素削除(del, pop), 全要素削除, キーの存在確認, 全てのキー・値取得, タプル・リストに変換

【関連記事】
Python入門 サンプル集

スポンサーリンク

シェア&フォローお願いします!