【Python/Django】ToDOアプリの作成

Python用Webフレームワーク「Django」の使い方について入門者向けにまとめました。

## 【プロジェクト作成】ToDOリストアプリ

Djangoで以下のようなシンプルなToDOリストアプリを作成します。

プロジェクト
1 https://github.com/nishizumi-lab/sample/tree/master/python/django/test
mkdir todo
cd todo
python django startproject mysite
python manage.py startapp todo 

## 【基本設定】データベース

データベースの設定を変更するには、プロジェクトフォルダ内の「settings.py」ファイルを弄ります。

## 【初期設定】todoアプリ追加、タイムゾーン変更、言語の変更

setting.pyに対して今回は★がついている3点(todoアプリ追加、タイムゾーン変更、言語の変更)を行います。

■settings.py


## 【Model作成】扱うデータ項目の定義

モデルを作成します。
扱うデータは「ToDo(タスクタイトル)」「作成日時」「更新日時」の3つを定義します。
ここで定義されたデータ項目がデータベースに保存されます。

■todo/model.py


## 【Form作成】入力項目の設定

フォーム(入力項目)を作成します。
入力項目は「ToDo(タスクタイトル)」のみにするため、先程の「作成日時」「更新日時」は除外します。
■todo/forms.py


## 【View作成】

MVTモデルのView(呼び出し制御)を実装します。
Djangoには、汎用クラスビューがあるので、それを利用します。

■todo/views.py


## 【Route作成】ルーティング(URL)の設定

ルーティング(URL設定)を行います。

todo/でブラウザから接続されたときに、config側でなくtodo側のURL設定を参照させます。

■config/urls.py


作ったviews.pyに対して作ります。

■todo/urls.py


## 【Template作成】共通テンプレート、個別テンプレートを作成

MVTのT(テンプレート:ユーザーインターフェース)を作成します。

■todo/templates/base.html(共通用テンプレート)


■todo/templates/todo/todo_list.html(ToDoの一覧表示用)


■todo/templates/todo/todo_detail.html(ToDoの表示表示用)


■todo/templates/todo/todo_form.html(入力・編集フォーム用)


■todo/templates/todo/todo_confirm_delete.html(削除フォーム用)


## 【マイグレーション】データベースの作成・更新

以下のコマンドを実行し、DBにテーブルを作成します。

python manage.py makemigrations
python manage.py migrate 

プロジェクトフォルダ内に「db.sqlite3」というファイルが生成されます。
モデルで定義したテーブルやカラムが自動的に作成されます。
テーブルやカラムを変更したら、再度マイグレーションを行うことで、テーブル追加やカラム追加がマイグレーションされます。

## 【動作確認】アプリケーションの実行

以下のコマンドを実行し、アプリケーションを起動します。

python manage.py runserver
【Python/Django入門】Webアプリケーションの作成
Python用Webフレームワーク「Django」の使い方について入門者向けにまとめました。
Python
西住工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました