【Python】画像処理プログラミング入門

この記事では、Pythonで画像処理・画像解析プログラミングを行う方法を入門者向けにソースコード付きで解説します。

画像処理プログラミング

Pythonは欧米で人気なスクリプト言語です。
初心者にも扱いやすい言語で短くて読みやすいコードを書くことが出来ます。
数値計算や最近流行りの機械学習、画像処理・画像解析にも強いという特徴があります。
今回は、Pythonを用いた画像処理プログラミングについてまとめました。

※「画像処理の基本原理」「Pythonの基礎」については下記事で紹介しています。
【画像処理入門】アルゴリズム&プログラミング
Python入門 サンプル集

標準ライブラリ

Pythonの標準ライブラリのみで画像処理をする方法を以下にまとめています。

項目
ビットマップ ヘッダ解析, 明るさ半分

画像ライブラリ

「OpenCV」「Scikit-image」などの画像処理ライブラリを使うことで簡単に画像処理・解析をおこなうことができます。
それぞれの使い方は下記事にまとめています。

項目
OpenCVの使い方はこちら Python版OpenCV入門 サンプル集
Scikit-imageの使い方はこちら Scikit-imageで画像処理入門

関連記事

【画像処理入門】アルゴリズム&プログラミング

シェア&フォローお願いします!