【NumPy】2次元配列の要素を参照・スライス・代入

Python言語とNumPyを用いて、2次元配列の要素に参照・アクセス・代入する方法をソースコード付きで解説します。

参照・アクセス・代入

NumPyの2次元配列では、リスト型と同じように要素の値をスライスできます。

書式

説明
x = A[j][i] 2次元配列Xにおけるj番目の行、i番目の列にある要素を参照します。
x = A[j, i] 2次元配列Xにおけるj番目の行、i番目の列にある要素を参照します。
x = A[j+h, i+w] 2次元配列Xにおけるj~j+h番目の行、i~i+w番目の列にある要素を参照します。
A[j][i] = value 2次元配列Xにおけるj番目の行、i番目の列にある要素に値を代入します。
A[j, i] = value 2次元配列Xにおけるj番目の行、i番目の列にある要素に値を代入します。
A[j+h, i+w] = value 2次元配列Xにおけるj~j+h番目の行、i~i+w番目の列にある要素に値を代入します。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードです。

# -*- coding: utf-8 -*-
import numpy as np

# 配列の宣言・初期化
X = np.array([[1, 2, 3],
              [4, 5, 6]])
    
# 参照    
print(X[0][1]) # 2 (0行目1列目の要素)
print(X[0,1])  # 2 (0行目1列目の要素)
print(X[0:2, 0:2]) # [[1 2] (0~1行目,0~1列目の要素)
                   #  [4 5]]
    
# 代入
X[0:2, 0:2] = 10
print(X)     # [[10 10  3]
             #  [10 10  6]]    
    
【Python入門】使い方とサンプル集
Pythonとは、統計処理や機械学習、ディープラーニングといった数値計算分野を中心に幅広い用途で利用されている人気なプログラミング言語です。主な特徴として「効率のよい、短くて読みやすいコードを書きやすい」、「ライブラリが豊富なのでサクッと...
【NumPy入門】使い方・サンプル集
Python用数値計算モジュール「NumPy」の使い方とサンプルコードについて入門者向けにまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました