【NumPy】1次元配列の先頭・末尾要素に参照・アクセス・代入

この記事では、Python言語とNumPyを用いて、1次元配列の先頭・末尾要素に参照・アクセス・代入する方法をソースコード付きで解説します。

参照・アクセス・代入(先頭・末尾)

NumPy配列では、リスト型と同じように先頭・末尾要素の値に参照・アクセス・代入できます。

書式

説明
y = x[0] 1次元配列xにおける先頭の要素を参照します。
y = x[-1] 1次元配列xにおける末尾の要素を参照します。
y = x[-2] 1次元配列xにおける末尾の隣の要素を参照します。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードです。

# -*- coding: utf-8 -*-
import numpy as np

def main():
    # 配列の宣言・初期化
    x = np.array([1, 2, 3, 4, 5])
    
    # 参照    
    print(x[0])  # 先頭 2
    print(x[-1]) # 末尾 [2 3]
    print(x[-2]) # 末尾の隣

    # アクセス・代入
    x[0] = 1
    x[-1] = 5
    x[-2] = 4
    
    # 代入結果
    print(x) # [10  2  3 30 20]


if __name__ == '__main__':
    main()

おすすめ記事

Python入門 サンプル集
NumPy入門 サンプル集

シェア&フォローお願いします!