【NumPy】テキスト形式でファイル保存

この記事では、Python言語とNumPyを用いて、テキストファイル形式でデータを保存する方法をソースコード付きで解説します。

テキストファイル形式の保存

NumPyでは、savetxtメソッドでNumPy配列内のデータをテキストファイルに出力できます。

書式

numpy.savetxt(テキストファイル名, ndarray, delimiter=区切り文字)

※区切り文字を指定しない場合、タブ区切りになります。
※カンマ(,)を入れると、カンマ区切りで保尊できます。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードです。

# -*- coding: utf-8
import numpy as np
    
def main():
    A = np.array([[1, 2],
                  [3, 4],
                  [5, 6]])

    np.savetxt('data1.txt', A, delimiter=",")
    np.savetxt('data2.txt', A.T, delimiter=",")

if __name__ == "__main__":
    main()

NumPy配列をそのままsavetxtメソッドに入れると縦に並べて保存されます。
NumPy配列を.Tで転置してからsavetxtメソッドに入れると横に並べて保存されます。

実行結果

サンプルプログラムの実行結果です。

【data1.txt】

1.000000000000000000e+00,2.000000000000000000e+00
3.000000000000000000e+00,4.000000000000000000e+00
5.000000000000000000e+00,6.000000000000000000e+00

【data2.txt】

1.000000000000000000e+00,3.000000000000000000e+00,5.000000000000000000e+00
2.000000000000000000e+00,4.000000000000000000e+00,6.000000000000000000e+00

おすすめ記事

Python入門 サンプル集
NumPy入門 サンプル集

シェア&フォローお願いします!