シェアする

【ラズベリーパイ3】I2C通信を有効化

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、ラズベリーパイ3でとI2C通信を有効にして使えるようにする方法まとめました。

I2C通信の有効化手順

I2C通信とは、以下の特徴をもつ双方向通信の1つです。

【特徴】
・CLKとDATAの2本で通信可能
・複数の機器をハブ無し(バスで)繋ぐことができる
・最大転送速度は400[kbps]程度と遅い
・伝送可能距離が短い

ラズベリーパイ3では、デフォルトでi2C通信機能がオフになっているため、使用するには以下の手順で有効化する必要があります。
①スタートボタンをクリックします。

②「設定」をクリックします。

③「Raspberry Piの設定」をクリックします。

④「インターフェイス」タブをクリックします。

⑤I2C通信の右にある「有効」にチェックを入れます。

⑥「OK」ボタンをクリックします。

【関連記事】
ラズベリーパイ3で電子工作入門
Python入門 サンプル集

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)