【Python】タプルの使い方

この記事では、Pythonのタプルの基本的な使い方とソースコードについて紹介します。

タプル

タプルとは、リスト(配列)と同じく複数の要素を順に並べたものです。
リスト(配列)との大きな違いは、タプルの要素は変更できない点です。
そのため、タプルに対して代入演算子や算術演算子を使うと、リスト(配列)とは異なった動作をします。

タプルの宣言・定義

タプルの宣言・定義例をいくつか紹介します。

要素が複数の場合

要素が複数ある場合、タプルの宣言は以下のように括弧で括ります。

【書式】
tuple = (要素1, 要素2, …)

※リストだと [ ]で括る

【サンプルソース】

リスト(配列)と同様、データ型が異なるモノを同じタプルに格納できます。

【サンプルソース】

要素が1つの場合

ここが注意点です。
要素が1つの場合、宣言は以下のようにします。

【書式】
tuple = (要素, )

※要素の後に「カンマ, 」を入れ忘れない!

【サンプルソース】

その他の操作方法

タプルのその他の基本的な操作方法を以下にまとめました。
連結, 繰り返し, 要素取得, 部分取得, 要素数取得, リスト→タプル

【関連記事】
Python入門 サンプル集

シェア&フォローお願いします!