【Python】Windowsタスクマネージャーのプロセスを表示

Pythonで、Windowsタスクマネージャーのプロセスを表示する方法についてソースコード付きでまとめました。

Windowsタスクマネージャーのプロセス

Python標準モジュール「subprocess」でWindowsタスクマネージャーのプロセスから、メモリの使用量を取得できます。

サンプルコード(Python3)

サンプルプログラムのソースコードです。

# -*- coding:utf-8 -*-
import subprocess

# タスクマネージャーのプロセルを取得
proc = subprocess.Popen('tasklist', shell=True, stdout=subprocess.PIPE)

# 1行ずつ表示
for line in proc.stdout:
    print(line.decode('shift-jis'))

実行結果

サンプルプログラムの実行結果です。

イメージ名                     PID セッション名     セッション# メモリ使用量
========================= ======== ================ =========== ============
System Idle Process              0 Services                   0          8 K
System                           4 Services                   0     13,104 K
Registry                        96 Services                   0     22,876 K
smss.exe                       360 Services                   0        452 K
csrss.exe                      512 Services                   0      1,864 K
wininit.exe                    596 Services                   0      2,472 K
services.exe                   712 Services                   0      6,048 K
lsass.exe                      752 Services                   0     13,688 K
svchost.exe                    876 Services                   0      1,012 K
svchost.exe                    908 Services                   0     27,500 K
fontdrvhost.exe                916 Services                   0        716 K
WUDFHost.exe                   964 Services                   0      7,796 K
svchost.exe                    448 Services                   0     11,568 K
関連記事
1 Python入門 基本文法
関連記事