【WinPython】使い方・設定まとめ

この記事では、WinPythonの使い方(設定、インストール)について解説します。

WinPythonとは

WinPythonはポータブル化されたWindows環境向けのPythonパッケージです。
主な特徴は次の通りです。

①Pythonの実行環境だけでなく、「主要なライブラリ群」や「便利な開発環境」も一括で導入してくれます。
※主要なライブラリ群・・・NumPy、Matplotlib、Pandas、SciPyなど(詳細はこちら
※便利な開発環境・・・Spyder、Jupyter Notebookなど

ポータブル化されているため、Python環境一式を丸ごとUSBに入れて持ち運ぶことが可能です。
※職場やネットカフェ等の共有PCでもWinPythonをコピーしたUSBを差すだけで利用可能

公式サイトで配布されているインストーラを使ってPythonの実行環境を構築すると、主要なライブラリや開発環境を後から入れて設定する必要があります。特に初学者はライブラリの導入で詰まるケースが多いため、Pythonパッケージを活用するのがオススメです。

WinPythonの導入方法

WinPythonの導入方法は下記事で解説しています。

詳細記事
【Windows10】WinPythonをインストールする方法

【補足】
USBで持ち運びたい場合は、32bit版のWinPythonを選びましょう。
32bit版は、32bitと64bitの両方のPC上で動きますが、64bit版は64bitのPCでしか動作しません。

WinPythonの使い方

WinPythonの使い方は下記事で解説しています。

詳細記事
【WinPython】スクリプト(プログラム)の実行方法

関連記事

関連記事
Python入門 サンプル集
NumPy入門 サンプル集

シェア&フォローお願いします!