【経営戦略手法】競争戦略、差別化戦略、ブルーオーシャン戦略など

経営戦略手法(競争戦略、差別化戦略、ブルーオーシャン戦略など)について解説します。

【競争戦略】

【差別化戦略】

【ブルーオーシャン戦略】

【コアコンピタンス】

コアコンピタンス(Core Competence)とは、長年の企業活動により蓄積された他社と差別化できる、または競争力の中核となる企業独自のノウハウや技術のことです。コアコンピタンスに該当する技術には、「様々な市場に展開可能」「競合他社による模倣が困難」「顧客価値の向上に大きく寄与する」などの共通性質があります。

【M&A】

【アライアンス】

【グループ経営】

【企業理念】

【SWOT分析】

SWOT分析は、企業の経営環境要因をS(Strength,強み)、W(Weakness,弱み・弱点)、O(Opportunity,機会)、T(Threat,脅威)の4つに分類して経営環境を分析し、今後の戦略立案に活かす手法です。

【PPM】

【バリューチェーン分析】

バリューチェーン分析は、業務を「5つの主活動」「4つの支援活動」に分類し、製品の付加価値がどの部分(機能)で生み出されているかを分析する手法です。
購買した原材料等に対して、各プロセスで価値が付加されていく連鎖を分析することで、競合他社と比較した自社の強みと弱みを明らかにしたり、業務の最適化を図ります。

5つの主活動 例(食料品生産販売会社)
購買物流 食材を発注し、検品し、在庫管理
製造 食料品の加工作業
出荷物流 食料品を購入者へ配送
販売・マーケティング 広告宣伝
サービス
4つの支援活動
調達
技術開発
人事・労務管理
全般管理

【成長マトリクス】

【アウトソーシング】

【シェアドサービス】

【インキュベータ】

【その他】

用語 概要
スケールメリット 生産規模を拡大するほど生産性や経済効率が向上し、利益率が高くなること。
シナジー効果 複数の要素が組み合わさることで、それぞれの単体で得られる効果の合計よりも大きな効果を得ること(相乗効果)。
おすすめ記事
関連 【情報処理入門】テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系、資格試験
関連記事