【ソフトウェア方式設計・詳細設計】ソフトウェア構造とコンポーネントの設計など

ソフトウェア方式設計・詳細設計についてまとめました。

【ソフトウェア構造とコンポーネントの設計】

ソフトウェア構造とコンポーネントの設計
ソフトウェア方式設計 「ソフトウェア要件定義書」を基にして、必要な内部機能を開発部門が設計することです。

【インタフェース設計】

【ソフトウェアユニットのテストの設計】

ソフトウェアユニットのテストの設計
UT(Unit Test) 「単体テスト」のことです。1つの「関数」「モジュール」が正常に動作するかテストします。

【ソフトウェア結合テストの設計】

ソフトウェア結合テストの設計
IT(Integration Test) 「結合テスト」のことです。複数の「関数」「モジュール」を組み合わせて、正常に動作するかテストします。

【ソフトウェア品質】

【レビュー】

レビュー
インスペクション(Inspection) 和訳すると「診断」という意味です。ソフトウェア開発においては、事前に役割を決められた参加者が責任のある第三者(モデレータ)の下で成果物を確認することを意味します。

【ウォークスルー】

【ソフトウェア設計の評価】

【プロセス中心設計】

【データ中心設計】

【構造化設計】

【オブジェクト指向設計】

用語 概要
サブクラス 基本クラス(スーパークラス)から派生して新しく定義されたクラス。基本クラスの属性やメソッドを継承し、それを基にサブクラス独自の特性を追加できます。(例:基本クラスが”車”ならサブクラスは”トラック”などに相当)

【モジュールの設計】

モジュール強度

モジュール強度とは、モジュール内部の関連性の強さを表し、以下の7種類があります。
モジュール強度が高いほど、他の影響を受けにくくなるので再利用や拡張がしやすくなります。

種別 概要
暗合的強度(低) 関係のない機能をまとめたモジュールです。
論理的強度 関連する複数の機能をまとめたモジュールです。
時間的強度 特定の時期に実行する機能をまとめたモジューです。
手順的強度 関連ある逐次的な機能をまとめたモジュールです。
連絡的強度 関連ある逐次的な機能で要素が連絡し合うものをまとめたモジュールです。
情報的強度 同じデータ構造や資源を扱う機能を一つにまとめたモジュールです。
機能的強度(高) 一つの機能を実現するためだけのモジュールです。単一の機能を実行するモジュールが最も独立性が高い、つまりモジュール機能的強度が高くなります。

【部品化と再利用】

【アーキテクチャパターン】

【デザインパターン】

関連記事
1 【情報処理入門】基礎用語・原理・資格まとめ
関連記事