【電池】水系・有機系・イオン液体の違い

電池における水系・有機系・イオン液体の違いについてまとめました。

電解液の違い

電池の電解液は大きく分類して「水系」「有機系」「イオン液体」に分類されます。
「有機系」「イオン液体」をまとめて「非水系」と呼ぶ場合もあります。

水系電池

水系電池とは、水系水溶液を電解液として用いた電池のことです。
水系電池の代表例として、「鉛蓄電池」「ニッケル水素電池」がありますが、近年は水系リチウムイオン電池の研究開発も行われています。

関連記事
1 電気・電子回路入門
関連記事