【オームの法則】V=RIの使い方

オームの法則(V=RI)の使い方についてまとめました。

【オームの法則とは】V=RIの意味

電気回路における電圧V、電流I、抵抗値Rには以下の関係が成立します。

(1)   \begin{eqnarray*} V=RI \end{eqnarray*}

つまり、電圧V、電流I、抵抗値Rのうち2つがわかれば残り1つも求めることができます。

例題

(問1)電気回路の抵抗Rが10[Ω]、電流が5[A]のとき、電圧V[V]はいくらか。
(解1)

(2)   \begin{eqnarray*} V=RI=10\times 5 =50 \end{eqnarray*}

(問2)電気回路の電圧が10[V]、電流が5[A]のとき、抵抗R[Ω]はいくらか。
(解2)

(3)   \begin{eqnarray*} R=\frac{V}{I}=\frac{10}{5}=2 \end{eqnarray*}

記事リンク 概要
断面積・長さ・導体の種類で計算 断面積・長さ・導体の種類から抵抗値を計算する方法について解説します。
抵抗の温度変化 導体の温度変化を考慮して抵抗値を計算する方法について解説します(温度に比例して抵抗値も上昇します)。
【電気・電子回路入門】基礎・アルゴリズム・公式集
電気・電子回路の基礎・アルゴリズム・公式集について入門者向けにまとめています。
電気・電子工学
西住工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました