【トリップとは】電気ブレーカー(遮断器)との関係

トリップとは?ブレーカー(遮断器)との関係などについてまとめました。

【トリップとは】遮断器を動作

トリップとは、過電流を検知したときにブレーカー(遮断器)が電気の流れを遮断することです。
例えば、家で電子レンジ、ドライヤー等の電流をよく使う機器を使った場合にブレーカーが落ちます。
これは、過電流をブレーカー(遮断器)が検知してトリップを発生させたためです。

【トリップ指令とは】出力信号

トリップ指令とは、異常な電流を検知したときに、遮断器を作動(トリップ)させるための出力信号です。
電力供給をストップさせることで、発電機の損傷などを防ぎます。
大型の蓄電池システムなどでは、異常電流などを検知したときにBMS(バッテリーマネジメントシステム)がトリップ指令を出し、遮断器を作動させて回路を保護します。

参考文献・関連ページ
1 【第二種電気工事士】例題・試験対策まとめ
2 【電験三種】例題・試験対策まとめ
3 電気・電子回路入門
4 複線図のデータ
電気・電子工学
西住工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました