【Linux】メモリの使用状況を確認(freeコマンド)

Linuxでメモリの使用状況を確認(freeコマンド)する方法についてまとめました。

スポンサーリンク

メモリの使用状況を確認(freeコマンド)

freeコマンドは、メモリの使用状況を確認できます。

$ free -t
オプション 概要
-t RAM+swap のトータルメモリを表示
-s 秒数 指定した秒数毎に更新して表示
-b 単位をバイトで表示。-kだとキロバイト、-mでメガバイト、-g でギガバイトに変更。
スポンサーリンク

実行中のプロセスを表示(psコマンド)

psコマンドは、実行中のプロセスを表示します。

ps [オプション] [プロセスID]

オプション 概要
a 全ユーザーのプロセスを表示
f プロセスをツリー形式で表示
r 実行中のプロセス情報のみ表示
u プロセスを実行しているユーザー名も表示
全制御端末のプロセスを表示
-e 全てのプロセスを表示
-l 標準の「PID、TTY、TIME、CMD」だけでなく、「F、S、UID、PPID、C、PRI、NI、ADDR、SZ、VSZ、RSS、WCHAN、STAT」も表示
-p PID 指定したPIDのプロセス情報のみ表示
-C プロセス名 指定したプロセス情報のみ表示
-w 行を追加して表示
フィールド 概要
F プロセスの状態を示すフラグ(16進数)。例えば00だとプロセス終了、01だとシステム・プロセス=常にメモリー上に存在していることを示している。
UID プロセスを実行しているユーザーID
PID プロセスID
PPID 現在のプロセスの親プロセスID
PRI 優先度
NI ナイス値(優先順位)
VSZ 仮想メモリの全サイズ
RSS 使用中の物理メモリー量
WCHAN プロセスが休眠状態の時のカーネル関数名
STAT/S プロセスの状態。Rは実行可能、Sは停止、Dは割り込み不可の停止を表す。
TTY 制御端末の種類と番号。
TIME プロセスが開始した時刻
COMMAND/CMD プロセスのコマンド名
スポンサーリンク

関連ページ

【LinuC】試験対策と例題まとめ
LinuCの試験対策と例題(学習サイト)についてまとめました。
【LPIC入門】Linuxの基礎と試験範囲別の解説
LPICに従って、Linuxの基礎と試験範囲別の解説についてまとめました。
【Linuxコマンド入門】主なコマンドとサンプル集
Linuxコマンドの主な使い方とサンプル集について入門者向けにまとめました。
Linux
スポンサーリンク
西住工房

コメント