【Linux】シグナル送信(kill、killall、pkillコマンド)

Linuxでシグナル送信を行うkill、killall、pkillコマンドの違いと使い方についてまとめました。

スポンサーリンク

シグナル送信(kill、killall、pkillコマンド)

シグナル送信を行うkill、killall、pkillコマンドの違いと使い方を紹介します。

スポンサーリンク

killコマンド

killコマンドは、指定したプロセスやジョブに対してシグナルを送信し、終了・再起動させます。
シグナルを指定しない場合、デフォルト動作(TERMシグナルの送信=プロセス終了)が行われます。

 kill [-シグナル名 or -シグナル番号] プロセスID
 kill -s [シグナル名 or シグナル番号] プロセスID
 kill -SIGシグナル名 プロセスID
 シグナル名 シグナル番号 概要
HUP 1 プロセスの再起動(設定ファイルの再読み込み)。
INT 2 端末からの割り込み(Ctrl+Cと同じ)を行い、停止させる。
QUIT 3 端末からcoreqダンプを作成して終了要求。(CTRL+\ と同じ)
KILL 9 プロセスの強制終了要求。
TERM 15 プロセスの終了要求(デフォルト動作)。
CONT 18 中断状態のプロセスの再開を通知。バックグラウンドに切替えたプロセスを再開する。
STOP 19 プロセスの実行中断を通知。
TSTP 20 プロセスを一時停止(バックグラウンドに切替え)。サスペンド(CTRL+Z と同じ)。
スポンサーリンク

killallコマンド

killallコマンドは、プロセス名を指定してシグナルを送信します。

killall [-シグナル名 or -シグナル番号] プロセス名
 killall -s [シグナル名またはシグナル番号] プロセス名
 killall -SIGシグナル名 プロセス名

オプションはkillコマンドと同じなので省略。

スポンサーリンク

pkillコマンド

pkillコマンドは、正規表現でプロセス名を指定してシグナルを送信します。

 pkill [オプション] [プロセス名など]
オプション 概要
 -シグナル または  –signal シグナル シグナルを送信するシグナル番号またはシグナル名を指定
 -e または  –echo 対象プロセスとプロセスIDを表示
 -c または  –count シグナルを送信したプロセスの個数を表示
対象の指定方法 対象
-f または  -full コマンドライン全体
-x または –exact プロセス名と完全に一致したもの
-P プロセスID または -parent プロセスID 指定したプロセスIDが親であるプロセス。プロセスIDはカンマ(,)区切りで複数指定可能。
-s セッションID または –session セッションID 指定したセッションIDであるプロセス。セッションIDはカンマ区切りで複数指定可能。
-g グループID または –pgroup グループID 指定したプロセスグループのいずれかに属するプロセス。グループIDはカンマ区切りで複数指定可能。
-G グループ または –group グループ 指定した実グループ(real group ID)によるプロセス。グループ名もしくはグループIDで指定し、カンマ区切りで複数指定可能。
-u ユーザー または –euid ユーザー 指定した実効ユーザー(effective user)によるプロセス。ユーザー名もしくはユーザーIDで指定し、カンマ区切りで複数指定可能。
-U ユーザー または –uid ユーザー 指定した実ユーザー(real user)によるプロセス。ユーザーは名前またはIDで指定。カンマ区切りで複数指定可能。
-t 端末 または –terminal 端末 指定した端末で実行されているプロセス。端末は「tty1」など、「/dev/」抜きで指定。カンマ区切りで複数指定可能。
–ns プロセスID 指定したプロセスIDの名前空間(namespace)。
–nslist 指定 指定した名前空間(例:ipc、mnt、net、pid、user、utsなど)。
-F ファイル名 または –pidfile ファイル名 プロセスIDをファイルから読み出す
-L または –logpidfile 「-F」で指定したファイルがロックされてなければ終了(failで終了)
-n または –newest 対象のプロセスから最も新しく起動されたもの。
-o または –oldest 対象のプロセスから最も昔に起動されたもの。
スポンサーリンク

関連ページ

【LinuC】試験対策と例題まとめ
LinuCの試験対策と例題(学習サイト)についてまとめました。
【LPIC入門】Linuxの基礎と試験範囲別の解説
LPICに従って、Linuxの基礎と試験範囲別の解説についてまとめました。
【Linuxコマンド入門】主なコマンドとサンプル集
Linuxコマンドの主な使い方とサンプル集について入門者向けにまとめました。
Linux
スポンサーリンク
西住工房

コメント