【ブロードキャストとは】仕組みと計算方法

ブロードキャストとは?仕組みやアドレスの計算方法について解説します。

【ブロードキャストとは】概要

ブロードキャスト (broadcast) とは、同じネットワーク上にある全ての機器に同時に同じデータを送信する。
IPネットワークでは、ブロードキャストを以下の用途で使用します。

概要
1 新しい相手と通信を開始する際に、必ずブロードキャストを行うことでIPアドレスからMACアドレスを取得します。
2 一定期間毎にIPアドレスとMACアドレスの対応表を更新する際にブロードキャストを使用します。
3 DHCPを通じてIPアドレスを取得(上位層)
4 OSI参照モデルのアプリケーション層で相手先の名称が判明していても、IP上での送信先のアドレスが解らないサーバを探す場合(上位層)

ブロードキャストの使用頻度が高いと、ネットワークに負荷をかけてしまいます。
そのため、上位のネットワーク層では多用しないよう注意する必要があります。

【計算方法】ブロードキャストアドレス

ブロードキャストアドレスとは、ブロードキャストを行うときに使われる特別なアドレスです。
ブロードキャストを行うときは、ホストアドレス部の全ビットを「1」に設定したアドレスをあて先に指定してデータを送信ます。

計算例

IPアドレス「192.168.57.123/22」のブロードキャストアドレスを計算します。

2進数 10進数
11000000 10101000 00111001 01111011 IP(192.168.57.123)
11111111 11111111 11111100 00000000 サブネット(22)
11000000 10101000 00111000 00000000 ネットワークアドレス(192.168.56.0)
11000000 10101000 00111011 11111111 ブロードキャストアドレス(192.168.59.255)
おすすめ記事
1 【ネットワーク】通信プロトコル
2 【情報処理入門】テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系、資格試験
関連記事