【C言語】ローカル変数と関数

この記事では、C言語のローカル変数(local variable)と関数の関係と有効範囲について紹介します。

ローカル変数と有効範囲

ローカル変数(local variable)とは、プログラムの一部分でしか利用できない変数のことです。
ローカル変数は、ブロック内(括弧{ }の中)のみで有効となります。

関数との関係

関数毎に宣言した変数は、その関数の中で有効です。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは下記の通りです。

関数main()で定義した変数xと、関数test()で定義した変数xとは、まったくの別物です。
(互いのxは別々のメモリに割り当てられます)
つまり、main()で定義した変数xはtest()では使えません。

【関連記事】
C言語入門 (サンプルプログラム集)

関連記事