【VBA/マクロ】セルに名前を設定

ExcelのVBA(マクロ)で、セルに名前を設定する方法についてまとめました。

セルに名前を設定

VBA(マクロ)でセルに名前を設定するにはNameメソッドを利用します。

記述例 説明
Range(“A2”).Name = 任意の名前 A2セルにセル名を設定

※操作対象の設定は「Rangeオブジェクト」「Cellオブジェクト」などを利用して行います。

サンプルコード

サンプルプログラムのソースコードです。

Sub test()

    ' A2セルに名前を設定
    Range("A2").Name = "A2セルです"

    ' セル操作(値をセット)
    Range("A2セルです").Value = 10


End Sub

A2セルにセル名「A2セルです」を設定します。
これにより、「A2セルです」でセル操作ができます。

関連記事
1 【Excel/VBA】マクロ入門
関連記事