【VBA/マクロ】Rangeオブジェクトでセル指定(複数・行・列・全範囲)

ExcelのVBA(マクロ)で、Rangeオブジェクトによるセル指定方法についてまとめました。

Rangeオブジェクトによるセル指定

VBA(マクロ)では、Rangeオブジェクトで操作したい対象のセルを指定できます。
記述方法は次のように色々あります。

'A1セルを指定
Range("A1") 

'A1~E5セルを指定
Range("A1:E5") 

'A1とE5セルを指定
Range("A1,E5") 

'A1~E5セルを指定
Range("A1","E5") 

'1~5行のセルを指定
Range("1:5") 

'1~5列のセルを指定
Range("A:E") 

'A1セルを指定
Range(Cells(1, 1)) 

'A1~B3を指定
Range(Cells(1, 1), Cells(3,2)) 

'1~5行のセルを指定
Range(Rows(1), Rows(5)) 

'全範囲のセルを指定
Range(Rows(1), Columns(1)) 

'1~3列のセルを指定
Range(Columns(1), Columns(3)) 

'A1~B3のセルを指定
Range("A1", Cells(3,2)) 

'「名前定義」したセル全てを指定
Range("名前定義") 
関連記事
1 【Excel/VBA】マクロ入門

コメント

タイトルとURLをコピーしました