【VBA/マクロ】セルに文字列を挿入

ExcelのVBA(マクロ)でセルに文字列・数値を挿入する方法についてまとめました。

セルに文字列を挿入

ExcelのVBA(マクロ)でセルに文字列を挿入できます。

書式

Range("セル番地") = "文字列"
記述例 指定範囲
Range(“A1”) A1
Range(“A1:E5”) A1~E5
Range(“A1,E5”) A1とE5
Range(“A1″,”E5”) A1~E5
Range(“1:5”) 1~5行
Range(“A:E”) 1~5列
Range(Cells(1, 1)) A1セル
Range(Cells(1, 1), Cells(3,2)) A1~B3
Range(Rows(1), Rows(5)) 1~5行
Range(Rows(1), Columns(1)) 全範囲
Range(Columns(1), Columns(3)) 1~3列
Range(“A1”, Cells(3,2)) A1~B3
Range(“名前定義”) 「名前定義」したセル全て
参考記事 Rangeによるセル指定方法

サンプルコード(VBA)

Sub test()
  Range("A1") = "エクスカリバー"
End Sub

上記の場合、A列1行目のに「エクスカリバー」という文字列が入ります。

関連記事
1 【Excel/VBA】マクロ入門
関連記事