【Processing】3Dモデル(OBJ形式)を読み込んで表示

スポンサーリンク

この記事では、Processing言語とライブラリ「OBJLoader」で3Dモデル(OBJ形式)を読み込んで表示する方法をソースコード付きで解説します。

スポンサーリンク

3Dモデル(OBJ形式)

Processingでは、ライブラリ「OBJLoader」で3Dモデル(OBJ形式)を読み込んで表示できます。
【参考】ProcessingにOBJLoaderをインストールする方法

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは下記の通りです。

【処理手順】
①OBJ Loaderライブラリをインポートする。
②画面サイズを400*300、3D描画機能(P3D)をONに設定する。
③画面のフレームレートを30[bps]に設定する。
④OBJ形式の3Dモデルファイル「test.obj」を読み込む。
⑤照明を追加する。(オブジェクトに影が付いてよりリアルに見えます)
⑥3Dモデルを描画する。
⑦マウスドラッグがあれば、その移動量だけx方向、y方向にオブジェクトを回転させる。

実行結果

サンプルプログラムの実行結果です。

【関連記事】
Processing入門 サンプル集

スポンサーリンク

シェア&フォローお願いします!