【Processing/OpenCV】膨張・収縮処理でノイズ除去

この記事では、Processing言語とOpenCVを用いて、2値画像を膨張・収縮処理でノイズ除去する方法をソースコード付きで解説します。

膨張処理と収縮処理

Processing版OpenCVでは、erode、dilateメソッドを使うことで2値画像に膨張処理と収縮処理を施し、ノイズを除去できます。
(収縮処理でノイズを除去し、その後に膨張処理をかけることで、ノイズでない部分を復元)

ゴマ塩ノイズが低減されました。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードです。

【処理手順】
①画像をグレースケール変換する。
②グレースケール画像を2値化する。
③2値画像を収縮処理(白色の部分が減少)する。
④2値画像を膨張処理(白色の部分が増加)する。

実行結果

サンプルプログラムの実行結果です。

【関連記事】
Processing版OpenCVの使い方
Processing入門 サンプル集

シェア&フォローお願いします!