【Processing】カメラ映像の2値化

この記事では、Processing言語を用いて、Webカメラ映像に2値化処理する方法をソースコード付きで解説します。

カメラ映像の2値化処理

Processingでは、filter関数で2値化処理できます。
【書式】
filter(THRESHOLD,閾値)

■引数
閾値は0.0~1.0(黒〜白)
※数値を指定しなければ0.5に設定。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードです。

実行結果

サンプルプログラムの実行結果です。

WebカメラをPCに接続し、カメラからの映像を2値化して表示させました。

【関連記事】
Processing版OpenCVの使い方
Processing入門 サンプル集

シェア&フォローお願いします!