【Python】open関数でテキストファイルに書き込み・読み込み

Python言語のopen関数でテキストファイルを読み込んだり、書き込みする方法をソースコード付きで解説します。
Pythonでは、open()を使うことで、ファイルに読み書きができます。

【open関数】テキストファイルの書き込み・読み込み

open関数の書式は以下のとおりです。

open(ファイルパス, アクセスモード)
パラメータ 概要
ファイル名 アクセスしたいファイルのパス(位置)
アクセスモード アクセスするモード(読み込みなら”r”、書き込みなら”w”、上書き書き込みなら”a”)

指定したパスのファイルがない場合は新たに生成されます。ある場合は中身のデータが丸ごと置き換わります。
(元からあったデータの後に付け加えたい場合は上書き書き込み”a”を使います)


【Python】テキストファイルの読込・表示(open)
この記事では、Python言語でテキストファイルを読み込んで表示する方法をソースコード付きで解説します。

【Python】open関数でテキストファイルに書き込み・読み込み
Python言語のopen関数でテキストファイルを読み込んだり、書き込みする方法をソースコード付きで解説します。Pythonでは、open()を使うことで、ファイルに読み書きができます。

【with文】終了処理の省略

with文で終了処理の記述を省略できます。



【Python】with文の使い方(ファイル処理)
この記事では、Pythonのwith構文の使い方について入門者向けにソースコード付きでまとめました。

【codecs.open】文字コードを指定してテキストファイルの読み込み・書き込み

Pythonでは、codecs.open()を使うことで、「EUC」や「UTF-8」などの文字コードを指定してファイルに書き込むことができます。
今回はこれを用いて「data.txt」に文字列を書き込んでみます。

codecs.open(ファイルパス, アクセスモード, 文字コード)
パラメータ 概要
ファイル名 アクセスしたいファイルのパス(位置)
アクセスモード アクセスするモード(読み込みなら”r”、書き込みなら”w”、上書き書き込みなら”a”)
文字コード EUCなら”euc_jp”、utf-8なら”utf-8″


【分割・結合】タブ区切り、カンマ区切りで分割・結合

複数行のタブ区切りのデータをリストに格納したい場合のコードです。



【Python入門】使い方とサンプル集
Pythonとは、統計処理や機械学習、ディープラーニングといった数値計算分野を中心に幅広い用途で利用されている人気なプログラミング言語です。主な特徴として「効率のよい、短くて読みやすいコードを書きやすい」、「ライブラリが豊富なのでサクッと...

コメント

タイトルとURLをコピーしました