【Python】import・as・from文の使い方

この記事では、Pythonのimport・as・from文でライブラリ(モジュール)を読み込む方法について入門者向けにソースコード付きでまとめました。

import文の使い方・・・ライブラリの読み込み

Pythonでは、import文を使ってライブラリ(モジュール)を読み込みます。

書式

指定したライブラリを読み込みます。
尚、import文はプログラムの先頭に記述するのが一般的です。

import ライブラリ名

サンプルコード

datetimeライブラリを読み込んで現在時刻を表示させる例です。

import datetime

today = datetime.datetime.today()

print(today) # 2016-12-12 10:54:22.284082

asの使い方・・・ライブラリ名に好きな省略名を付与

import文を使う場合に「as」を使うことで、ライブラリ名に好きな名前をつけることができます。

書式

import ライブラリ名 as 好きな名前

サンプルコード

先程と同じ、現在時刻を表示させる例です。

import datetime as dt

today = dt.datetime.today()

print(today) # 2016-12-12 10:54:22.284082

「datetime」に「dt」という名前を付けて扱っています。
datetimeのような長いライブラリ名の場合は、asを使うことで簡潔なコードを書くことができます。
ただし、よく使われる省略名はライブラリ毎に決まっているので、それに合わせましょう。
(例:numpyならnp、matplotlibならplt)

from文の使い方・・・ライブラリ名の記述を省略

読み込んだライブラリ(モジュール)のクラスを使う場合、import文で読み込むと記述が長ったらしくなることがあります。
先程のdatetimeのサンプルでも「datetime.datetime.today()」となってしまいます。
このようにクラスを使うたびに「ライブラリ名.クラス名」と記述する必要があるため面倒です。

そのような場合、fromも使うことでクラスを直接読み込むことができます。インポートします。

書式

from モジュール名 import クラス名

※クラス名の部分は、ライブラリによってはメソッド名や変数名になることもあります。

サンプルコード

fromを使うと、次のようにクラスの呼び出しを簡潔に記述できます。

from datetime import datetime

today = datetime.today()

print(today) # 2016-12-12 10:54:22.284082
関連記事
1 Python入門 サンプル集
関連記事