【NumPy】配列の書き込み禁止

この記事では、Python言語とNumPyを用いて、配列の書き込みを禁止する方法をソースコード付きで解説します。

配列の書き込み禁止

PythonモジュールNumPyでは、配列にread only属性を与えることで、読み込み専用(書き込み禁止モード)に変更できます。

書式

 a.flags.writeable = False

※Trueにすると書き込み許可(デフォルト)

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードです。

# -*- coding: utf-8
import numpy as np

    
def main():
    # 配列生成
    A = np.array([[1, 0],
                      [0, 1]])
    
    A.flags.writeable = False
    
    A[0, 0] = 5
    
    # 結果表示
    print(A)
   
    
if __name__ == "__main__":
    main()

上記のプログラムを実行すると、書き込み禁止モード中に書き込みしようとするので

ValueError: assignment destination is read-only

というエラーが出ます。

【関連記事】
Python入門 サンプル集
NumPy入門 サンプル集

シェア&フォローお願いします!