【Python/OpenCV】画像の高さ・幅・チャンネル数・画素数を調べる方法

スポンサーリンク

この記事では、Python版OpenCVで画像の高さ・幅・チャンネル数・画素数を調べる方法をソースコード付きで解説します。

スポンサーリンク

画像の取得

Python版OpenCVでは、「cv2.imread」を用いて読み込んだ画像データはNumPy配列に変換されます。
そのため、NumPy配列のshape属性を利用することで画像の高さ・幅・チャンネル数・画素数を調べることができます。

書式

dst = ndarray.shape
パラメータ 説明
ndarray NumPy型配列
dst 各次元の要素数を格納した配列

ソースコード(Python3+OpenCV3)

サンプルプログラムのソースコードです。

※グレースケール画像(1ch)の場合は2次元配列なので次のように変更します。
「h, w, ch = img.shape」→「h, w = img.shape」
グレースケール版のソースコード

実行結果

サンプルプログラムの実行結果です。

幅: 200
高さ: 200
チャンネル数: 3
画素数: 40000
データ型: uint8

【おすすめ記事】
PythonでOpenCV入門 サンプル集
【Python】画像処理プログラミング入門
【画像処理入門】アルゴリズム&プログラミング

スポンサーリンク

シェア&フォローお願いします!