【Python/statistics】平均、中央値、最頻値、分散、標準偏などの計算

Pythonモジュール「statistics」で平均、中央値、最頻値、分散、標準偏などを計算する方法について入門者向けのソースコード付きでまとめました。

statisticsで基本統計量(平均、中央値、最頻値、分散、標準偏差など)

Python標準ライブラリ「statistics」では、リストの基本統計量(平均、中央値、最頻値、分散、標準偏差など)を簡単に計算できます。

項目 メソッド
平均(算術平均) statistics.mean()
調和平均 statistics.harmonic_mean()
中央値 statistics.median()
最頻値 statistics.mode()
母分散 statistics.pvariance()
母集団の標準偏差 statistics.pstdev()
不偏分散 statistics.variance()
標本標準偏差 statistics.stdev()

サンプルコード

サンプルプログラムのソースコードです。

import statistics
import math

data = [1, 2, 3, 4, 5]

mean = statistics.mean(data)
print(mean) # 3


median = statistics.median(data)
print(median) # 3


median_low = statistics.median_low(data)
print(median_low) # 3

median_high = statistics.median_high(data)
print(median_high) # 3

pvariance = statistics.pvariance(data)
print(pvariance) # 2

pstdev = statistics.pstdev(data)
print(pstdev) # 1.4142135623730951

variance = statistics.variance(data)
print(variance) # 2.5

stdev = statistics.stdev(data)
print(stdev) # 1.5811388300841898
関連記事
1 【Python/OpenAI Gym】強化学習入門
2 Python入門 基本文法
関連記事