【Python/Theano】数式の定義

Python用数値計算モジュール「Theano」で数式を定義する方法についてソースコード付きでまとめました。

数式の定義と計算

Python用数値計算モジュール「Theano」で関数と変数(シンボル)を定義し、記号計算を行います。

サンプルコード(Python3)

サンプルプログラムのソースコードです。

# -*- coding:utf-8 -*-
import theano
import theano.tensor as T

# シンボルの生成(x:doubleのスカラー型)
x = T.dscalar('x')

# シンボルで数式を定義(yもシンボルになる)
y = x ** 2

# シンボルで関数を定義(コンパイル)
f = theano.function(inputs=[x], outputs=y)

# 関数に値を入れて計算
print('f(2)=', f(2)) # f(2)= 4.0
print('f(4)=', f(4)) # f(4)= 16.0
関連記事
1 【Python】Theanoで数値計算入門
2 Python入門 基本文法
関連記事