【Windows10】WinPythonをインストール

この記事では、Windows10パソコンにPython開発環境「WinPython」をインストールして使えるようにする方法ついて紹介します。

WinPythonでPython環境構築

①以下のURL先にアクセスします。
そして、最新版のバージョンをクリックします。
(2017年11月16日時点では3.5.4.1が最新)
https://sourceforge.net/projects/winpython/files/WinPython_3.5/

②「WinPython-32bit-3.5.4.0Qt5.exe」を選択し、インストーラ(exeファイル)をダウンロードします。

【補足】
WinPythonには32bit版と64bit版があります。
USBで持ち運びたい場合は、32bit版のWinPythonを選びましょう。
32bit版は、32bitと64bit両方のPC上で動作するので汎用性が高いです。

③ダウンロードしたインストーラをダブルクリックして起動します。

④セットアップ準備中の画面が表示されるので終わるまで待機します。

⑤準備が終わると利用規約の画面が表示されるので「I Agree」をクリックします。

⑥WinPythonをインストールする場所の選択を求められます。
「Broese」を選択してWinPythonを好きなフォルダを指定したら「Install」をクリックします。
USBに入れたい場合は、USBドライブを選択しましょう。

⑦インストールが開始されますのでしばらく待ちます。

⑧インストールが終わると「Next」ボタンが表示されますのでクリックします。

⑨最後に「Finish」ボタンを押せばインストール作業は完了です。

続いて、WinPythonでプログラムを実行する方法は「【WinPython】スクリプト(プログラム)の実行方法」で解説しています。

関連記事
【WinPython】使い方・設定まとめ
Python入門 サンプル集

シェア&フォローお願いします!

関連記事