【Unity】物理特性マテリアル「Physic Material」の使い方

Unityの物理特性マテリアル「Physic Material」の使い方についてまとめました。

Unityでは、オブジェクトに物理特性を与えるためのマテリアルです。

①メニューから[Assets]→[Create]→[Physic Material]を選択します。
跳ね返り係数をいじるのでInspector画面にあるBouncinessをいじります。

②Inspector画面で必要に応じて下記のパラーメータを設定します。

パrメータ 説明
Dynamic Friction 動摩擦係数
Statics Friction 静摩擦係数
Bounciness 弾性係数
Friction Combine 動いていない時に衝突した時の摩擦
Bounce Combine 衝突するオブジェクト間の跳ね返し度合い

③設定した物理特性マテリアルをScene画面にあるオブジェクトにドラッグ&ドロップします。
すると、ドロップ先のオブジェクトに設定した物理特性が適用されます。

関連記事
参考 【Unity入門】ゲームプログラミング編【Unity入門】物理シミュレーション編【C#入門】サンプル集
関連記事