【Linux】dpkgコマンドの使い方と実行例

Linuxのdpkgコマンドでパッケージを管理する方法についてまとめました。

スポンサーリンク

dpkgコマンドでパッケージの各種管理

dpkgコマンドは、Debianパッケージの各種管理ができます。
パッケージ情報は「/var/lib/dpkg/」に保存され、パッケージファイル名は、「パッケージ名_バージョン-リリース番号_アーキテクチャ.拡張子」となります。

dpkg [オプション] [ファイル名・パッケージ名]
オプション 概要
-iまたは–install パッケージをインストール
-rまたは–remove パッケージをアンインストール(設定ファイルは残す)。
-Pまたは–purge パッケージをアンインストール(設定ファイルも昨日)。
-lまたは–list インストール済みパッケージを検索して表示
-Lまたは–listfiles 指定パッケージからインストールされたファイルを一覧表示
-sまたは–status パッケージ情報を表示
-Sまたは–search ファイルのインストール元パッケージを表示
-cまたは–contents パッケージに含まれるファイルを表示
-E 同じバージョンが既にインストールされていればインストールしない
-G 新しいバージョンが既にインストールされていればインストールしない
-Rまたは–recurdive ディレクトリ内を再帰的に処理
スポンサーリンク

関連ページ

【LinuC】試験対策と例題まとめ
LinuCの試験対策と例題(学習サイト)についてまとめました。
【LPIC入門】Linuxの基礎と試験範囲別の解説
LPICに従って、Linuxの基礎と試験範囲別の解説についてまとめました。
【Linuxコマンド入門】主なコマンドとサンプル集
Linuxコマンドの主な使い方とサンプル集について入門者向けにまとめました。
UNIX
スポンサーリンク
西住工房

コメント