【Linux】DMA(Direct Memory Access)

LinuxのDMA(Direct Memory Access)についてまとめました。

スポンサーリンク

DMA(Direct Memory Access)

DMA(Direct Memory Access)とは、メモリと各デバイスの間で、CPUを介さずにデータをやり取りするためのデータ転送方式の1つです。
CPUに負担が軽減されるメリットがあります。

  • DMAコントローラ
    • DMAの通信制御用回路
  • DMAチャネル
    • デバイスがDMAコントローラに対してデータ転送を要求するための通信経路。
    • 1つのチャネルを複数のデバイスで共有できないため、DMA転送を利用するデバイス間でDMAチャネルが衝突しないように設定する必要がある。
    • シングル転送モード、ブロック/デマンド転送モード、カスケード転送モード、自動初期化転送モードと、転送モードに種類がある。

    DMAチャネルの割当ては、/「proc/dma」で定義されています。

$ cat /proc/dma
スポンサーリンク

関連ページ

【LinuC】試験対策と例題まとめ
LinuCの試験対策と例題(学習サイト)についてまとめました。
【LPIC入門】Linuxの基礎と試験範囲別の解説
LPICに従って、Linuxの基礎と試験範囲別の解説についてまとめました。
【Linuxコマンド入門】主なコマンドとサンプル集
Linuxコマンドの主な使い方とサンプル集について入門者向けにまとめました。
UNIX
スポンサーリンク
西住工房

コメント