【Linux】システム停止・シャットダウン・再起動の方法

Linuxシステムの停止・シャットダウン・再起動方法についてまとめました。

スポンサーリンク

Linuxシステムの停止方法

Linuxシステムをシャットダウンするには、「shutdown -h now」または「halt」または「poweroff」を使用します。

shutdownコマンド

shutdown [オプション] 時間 [メッセージ]
オプション 概要
-h システムをシャットダウン
-r システムを再起動
-f ファイルシステムチェック(fsck:file system check)せずに高速起動
-F 再起動時に強制的にファイルシステムチェック
-s シングルユーザーモードで再起動
-k 実際にシャットダウンはせず、警告メッセージをユーザーに通知
-c 現在実行中のシャットダウン処理をキャンセル
now 今すぐ実行
HH:MM HH時MM分に実行(例:shutdown -r 12:00なら12:00に再起動)
+MIN MIN分後に実行

wall

$ wall
システムメンテナンスのため、一時的にシステムを停止します。
Ctrl+D

Ctrl + Dの実行後にメッセージ(システムメンテナンスのため、一時的にシステムを停止します。)が送信される。

シェルスクリプトだと以下のとおり。

# echo -e "システムメンテナンスのためシステムを停止します。" | wall
スポンサーリンク

Linuxの再起動

システムを再起動するには、管理者権限で「reboot」または「shutdown -r now」コマンドを使用します。
(通常、一般ユーザーの権限ではにはシステムの再起動やシャットダウンができません)

shutdownコマンドの実行後はユーザーがログインできなくなります。

スポンサーリンク

【実行例】shutdownコマンドでシステム停止

AM9:00にシステムを停止(電源オフ)するコマンドは以下のとおり。

shutdown -h 9:00

1分後にシステムを停止(電源オフ)にするコマンドは以下のとおり。

shutdown -h

電源をオフにする場合は、「-h」オプションを利用します。停止時間を指定しない場合、デフォルト値(1分後)となります。

スポンサーリンク

関連ページ

【LinuC】試験対策と例題まとめ
LinuCの試験対策と例題(学習サイト)についてまとめました。
【LPIC入門】Linuxの基礎と試験範囲別の解説
LPICに従って、Linuxの基礎と試験範囲別の解説についてまとめました。
【Linuxコマンド入門】主なコマンドとサンプル集
Linuxコマンドの主な使い方とサンプル集について入門者向けにまとめました。
UNIX
スポンサーリンク
西住工房

コメント