【Linux】LVMとは?

LinuxのLVMについてまとめました。

スポンサーリンク

パーティション

LVM(LogicalVolumeManagement、論理ボリューム管理)とは、複数のHDDやパーティションにまたがる記憶領域を1つのボリュームグループにまとめ、単一の論理ボリューム(LV)として扱える機能です。
UNIX系のOSで利用できるディスク管理機能となります。

  • LVMの特徴
    • システムを稼働されたメンテナンス可能(ディスク追加、論理ボリュームの拡張など)
    • アプリケーションからは1台の巨大ディスクとして利用可能。
スポンサーリンク

関連ページ

【LinuC】試験対策と例題まとめ
LinuCの試験対策と例題(学習サイト)についてまとめました。
【LPIC入門】Linuxの基礎と試験範囲別の解説
LPICに従って、Linuxの基礎と試験範囲別の解説についてまとめました。
【Linuxコマンド入門】主なコマンドとサンプル集
Linuxコマンドの主な使い方とサンプル集について入門者向けにまとめました。
UNIX
スポンサーリンク
西住工房

コメント