【Linux】SATA(SerialATA)とは?

LinuxのSATA(SerialATA)についてまとめました。

スポンサーリンク

SATA(SerialATA)

SATA(SerialATA、略:SATA・サタ)は、コンピュータと周辺デバイスの間でデータ転送を行うための接続規格の1つです。
パラレル転送のIDE(ATA)の後継規格で、SATAでは1組の信号線でシリアル転送し、信号間の干渉と転送タイミング調整が不要となり、IDEよりも高速通信を実現しています。データ転送速度は、SATA 2.0で300MB/sec、SATA 3.0では600MB/secです。

スポンサーリンク

関連ページ

【LinuC】試験対策と例題まとめ
LinuCの試験対策と例題(学習サイト)についてまとめました。
【LPIC入門】Linuxの基礎と試験範囲別の解説
LPICに従って、Linuxの基礎と試験範囲別の解説についてまとめました。
【Linuxコマンド入門】主なコマンドとサンプル集
Linuxコマンドの主な使い方とサンプル集について入門者向けにまとめました。
UNIX
スポンサーリンク
西住工房

コメント