【Linux】teeコマンドの使い方と実行例

Linuxコマンドにおけるストリーム、パイプとリダイレクトについてまとめました。

スポンサーリンク

teeコマンド

teeコマンドは、標準入力の内容を、標準出力とファイルに出力します。

tee [オプション] [ファイル名]
オプション 概要
-a ファイルに追記(デフォルトは上書き)

【使用例】

$ date |  tee date.txt
2023年 12月13日 水曜日 11時14分36秒 JST

$ cat date.txt
2023年 12月13日 水曜日 11時14分36秒 JST
スポンサーリンク

関連ページ

【LinuC】試験対策と例題まとめ
LinuCの試験対策と例題(学習サイト)についてまとめました。
【LPIC入門】Linuxの基礎と試験範囲別の解説
LPICに従って、Linuxの基礎と試験範囲別の解説についてまとめました。
【Linuxコマンド入門】主なコマンドとサンプル集
Linuxコマンドの主な使い方とサンプル集について入門者向けにまとめました。
UNIX
スポンサーリンク
西住工房

コメント