【Linux】trコマンドの使い方と実行例

Linuxコマンド「tr」で複数のファイルから行番号が一致する行を水平方向に連結して出力する方法についてまとめました。

スポンサーリンク

複数のファイルから行番号が一致する行を水平方向に連結して出力(pasteコマンド)

trコマンドは、文字列を変換・削除して出力します。

tr [オプション] [文字セット1 [文字セット2]]
オプション 説明
-d 文字セット1でマッチした文字を削除
-s 文字セット1でマッチした文字が連続する場合1文字にする
スポンサーリンク

【実行例】

-dオプションを使用して「a」または「b」を削除する例です。「ab」を削除

<

pre>

$ tr -d "ab"
abcdefgabcdefg          ← 文字列を入力してEnterを押す
cdefgcdefg               ← 「a」または「b」が削除された文字列が表示される

※Ctrl + c で終了

スポンサーリンク

関連ページ

【LinuC】試験対策と例題まとめ
LinuCの試験対策と例題(学習サイト)についてまとめました。
【LPIC入門】Linuxの基礎と試験範囲別の解説
LPICに従って、Linuxの基礎と試験範囲別の解説についてまとめました。
【Linuxコマンド入門】主なコマンドとサンプル集
Linuxコマンドの主な使い方とサンプル集について入門者向けにまとめました。
UNIX
スポンサーリンク
西住工房

コメント